フェルメールの街

櫻部由美子さんの作品です。

二十歳のフェルメールにはどんな物語があったのでしょうね(*^ω^*)

フェルメールが好きであれば尚更楽しめる作品ではないでしょうか(*´ω`)

680円+税。

一七世紀オランダで、陶器の名産地として栄えた港町・デルフト。
父の死をきっかけに故郷へと戻った二〇歳のヨハネス・フェルメールは、幼馴染のレーウことアントニー・レーウェンフックと再会する。
学問を志すも家庭の事情で叶わなかったレーウは、かつて友と交わした約束を忘れずにいた。
一方ヨハネスは、のちに妻となる女性と運命の出会いを果たす。
そのころ、街では陶工が次々と姿を消して──。
角川春樹小説賞受賞後第一作。美しきミステリー! (解説・福岡伸一)

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です