このとおりにやれば必ずキレイに写せる 子ども写真の撮り方

著者:椎名 トモミさん、監修:薮田 織也 さんです。

プロっぽく撮るためのテクニックを紹介してくれております(*^ω^*)

理想の写真を撮るためには、やはり努力は欠かせませんね(*´ω`)

1,500円+税。

「子どもが小さいときの思い出を、きれいに残したい」
そのために、お子さんの誕生を機にデジタル一眼カメラを買ったママも多いことでしょう。

でも、最新の「初心者向け」のデジタル一眼を買ったのに、
撮ってみるとなんだか色が暗かったりぶれていたり、ピントが合っていなかったり・・・。
そもそも、いい笑顔だと思ってシャッターを押したのにタイミングがずれて、ヘン顔の写真になってしまったり・・・。
プロみたいにきれいには撮れないなあ、と残念な気持ちになっている方も多いのでは?

実は、いい写真、プロっぽい写真を撮るには「ちょっとしたテクニック」が必要なのです。
本書では、5年間でのべ2000人に「子ども写真の撮り方」を教えてきたプロカメラマンである著者が、
「背景選びが9割」など、カンタンですぐに効果が出る目からウロコのテクニックをやさしく解説。

1〜3章では
・背景がキラキラした写真を撮りたいときはどうすれば?
・ふんわりボケた優しい雰囲気の写真を撮るにはどうすれば?
・赤ちゃんの肌をキレイに写すには?
・子どもが笑顔の瞬間を写すには?
・入学式、運動会、学芸会など、学校行事で子どものキメの1枚を撮るには?
・公園、水族館、旅行先などで、思い出になる写真を撮るには?
など、デジタル一眼初心者のママが知りたい「シーン別撮り方のコツ」を完全網羅!
もちろん、カメラやレンズの基礎知識もわかりやすく紹介しています。

第4章では、いろいろなテクニックを使って撮った写真を、
何年後、何十年後かに見て家族で懐かしむための写真の整理法も紹介。

生まれてすぐから大人になるまで、ずーっと使える「お子さんをかわいくキレイに撮る」ための本です。

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です