ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)

三上 延さんの作品です。

きれいな女性店主の脇にはそっくりな少女の姿が…

本編ストーリーは完結しましたが、今回はそのアフターストーリーとなっております(*´ω`)

610円+税。

驚異のミリオンセラー『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ最新刊

 ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があった--。
女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。
人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。
(引用元:KADOKAWA
[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です