天使がくれた時間 (メディアワークス文庫)

著者:吉月 生さん、イラスト:ふすいさんです。

静養のために海辺の田舎町に移り住んだ新ですが、様々なしがらみから逃れられる夜の海辺の散歩をしていると…

天使との出会いは新にどのような変化をもたらしてくれるのでしょうか(*´ω`)

610円+税。

奇跡を起こす天使って、信じる? 感動と生きる力をくれる純愛小説。

 静養を理由に、祖父母が住む海辺の田舎町へ移り住んだ新。唯一の日課は、夜の海辺の散歩だけ。父親との確執、諦めた将来の夢、病気の再発。海を眺める時間だけは、この憂鬱な世界を忘れられた。
ある夜の海辺、新はエラという女の子に出会い、惹かれていく。やがて、周囲で次々と不思議な出来事が起きるようになり……エラは、奇跡を起こす本物の“天使”だった。
「忘れないでね」
切なく笑った天使に秘密があることを新は知る。そして、残された時間がわずかなことも――。
(引用元:KADOKAWA
[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です