仙台の横丁 壱弐参横丁・文化横丁編 (Kappo特別編集)

100軒あまりの店が立ち並ぶ壱弐参(いろは)横丁と多彩な魅力を持つ文化横丁が取り上げられております(*´ω`)

それぞれ特徴があって魅力的ですね(*^ω^*)

1,500円+税。

さほど大きくないお店から聞こえる笑い声、こぼれる灯り。 さまざまな店がぎっしり軒を連ねる横丁は温かそうで、楽しそうで。 思い切って扉を開ければ、居心地の良さについ杯を重ねてしまう。 全長わずか100mほどの通りが二本、 その両側にぎっしりと100軒あまりの店が立ち並ぶ、壱弐参(いろは)横丁。 “文化”の名を冠し、いまや三代目の料理人が腕を振るう 寿司、洋食、中国料理、居酒屋と多彩な魅力を持つ、文化横丁。 その歴史と人と料理と酒を通して、仙台を代表する二つの横丁に迫りました。

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です