丁寧なのに簡単な季節のごはん: 松田美智子料理教室「絶対の定番」

著者:松田 美智子さんです。

季節を感じられるご飯を作れるのはいいですね(*´ω`)

丁寧なのに簡単とは相反しそうですが、一体どんなことをするのでしょうか( *´艸`)

1,300円+税。

料理研究家・松田美智子「絶対の味」
時短ブームの今だからこそ「丁寧」を。

「理(ことわり)を料(はか)る」と書いて「料理」--
丁寧こそ究極「手抜き」「時短」だった

料理研究家・松田美智子の信条は、「きちんと作る料理が一番おいしい」「丁寧は難しくない」、そして「料理は科学である」ということ。

素材の性質や、調味料の役割を知り尽くした筆者が教えるのは、「素材を生かす下ごしらえ(支度)」と「基本的な料理の決まり事」に沿ったレシピの数々。ひとつ覚えれば、応用も可能。

かつおやそらまめ、里いも、かつお、たらなど旬の素材そのままの味を生かした「旬菜食堂」、スタミナたっぷりの「スタミナ食堂」の他、シンプルな副菜や常備菜も。
和食の基本「まごわやさしい」をパワーアップさせた「まご”たち”わやさしい」になぞる朝昼晩の食卓は、年を重ねるごとに大切になる食事の基礎を押さえ、“脳力アップ”にもつながる。

知れば作りたくなる、作れば食べたくなる、食べたらまたすぐに作りたくなる、ページをめくるたびに料理のレパートリーが広がること間違いなし。

「時短」「簡単」ブームがレシピ界を席巻する中、“丁寧、だけど簡単”が叶う“最強の一冊”。

(引用元:小学館

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です