地の果てのありえない物語 地球最後の秘境45のエピソード

著者:クリス・フィッチさん、編集:ナショナル ジオグラフィックさん、翻訳:小野 智子さんです。

チェルノブイリでは腐敗菌さえいなくなったことにより、落ち葉がうず高く堆積してしまっているようです( ゚Д゚)そんなことが起こるのですね(; ・`д・´)

他にも色々と気になる話が収載されており、全45話が読めますので是非!

2,600円+税。

地球をあなどるな! 今、世界の果てで起きている人間と大自然の驚きの出来事45話。

地球上に残る手つかずの大自然45カ所を探し出し、そこで暮らす人間と自然が繰り広げた驚愕の物語を収録した書。自然の恐るべき力を前に、なすすべもなく立ちすくんだ非力な人間たち。
それぞれの物語に添えられた端正な写真と地図が、読者の好奇心を掻き立てる。腐敗菌さえ死に絶えてしまい、落ち葉がうず高く堆積するチェルノブイリの不気味な森、朝鮮半島非武装地帯でいつのまにか復活したアムールトラ、デンバーの高層ビル街を横目に闊歩する自然繁殖した野生バイソンの群れ、大陸縦断ハイウェイさえ建設できなかった中南米の恐怖のジャングル、ナミビアの難破船の墓場と脱出不能の死の砂漠、1夜にして1700人が犠牲となったアフリカ・ニオス湖の冷酷な殺人ガス、ほか多数の知られざる物語を掲載。

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です