ゆっくり十まで

新井素子さんの作品です。

「かわいくて、切なくて、ちょっと不思議な15の物語。」という、ショートショートが詰まった1冊となっております(*´ω`)

好きという気持ちはいいものですね(*^ω^*)

1,400円+税。

かわいくて、切なくて、ちょっと不思議な15の物語。

前世が雪女だった女の子、寂しい王妃様から、車、消火器まで、
個性豊かな主人公たちの「だいすき」が詰まった一冊。

「とにかく、誰かが何かを好き、という感じで、
統一されたショートショート集になったと思います。
ただ、まあ。“好き”という視点で言えば、
“ボーイ・ミーツ・ガール”が、あんまりないんだけれどね。
“誰か”が“何か”を“好き”っていうショートショート集で、
消火器だの猫だの熱帯魚だのが視点人物になってるって……。〈中略〉
(みんな、ちょっと、変。うん。
〝偏愛〟じゃなくて、〝変愛〟になっている気もする……。)
けど、書いている私は、とっても楽しかったです。
こういうお話、また書きたいです。」(あとがきより)

第1章 天下無敵の恋する乙女
ゆっくり十まで
謎の男
コンセント
ここは氷の国

第2章 神様、どうかお願い
初夢
ぱっちん
王妃様とサミ
神様、それはどうなんだろう
百二十年に一度のお祭り

第3章 されど、愛しい人間くん
よろしく頼むわ
体重計
癒しの水槽
あなたの匂いに包まれて
守護者
ひゃっほうっ!

あとがき

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です