ひぐらしの神様 (ポプラ文庫)

東 朔水さんの作品です。

偶然訪れた神社の神様のもとでアルバイトすることになってしまった田嶋ですが、神様の余命が少ないという事実があり…

どんな物語になっていくのでしょうか(*´ω`)

640円+税。

偶然訪れた神社には、余命わずかな神様がいて……。

にしん町商店街のバーに勤めていた田嶋は、店長の夜逃げで突然無職になる。途方に暮れて町はずれの清瀧神社に向かうと“神様”に出会った。うっかり握手をしたことで『契約成立』し、神様のもとでアルバイトする羽目に。コロッケや豆大福のお供えを要求する食いしんぼうで豪快な神様だが、実は余命わずかで……。
書き下ろし番外編付き! 切なくも心温まる物語。

(引用元:ポプラ社

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です