どこへ行っても犬と猫

安彦 幸枝さんの作品です。

世界20カ国で出会った犬と猫の姿が収めるられた一冊となっております(*´ω`)

その土地々々での暮らしが感じられて楽しくなってしまいます(*^ω^*)

1,300円+税。

「庭猫」の安彦幸枝の最新作は、世界中の犬と猫を写した写真集。

「庭猫」が話題をよんだフォトグラファー・安彦幸枝の犬猫写真集。
テーマは世界の犬と猫です。
仕事やプライベートで普段から世界中を旅している著者がライフワークにしているのは、世界の犬と猫の写真を撮ること。
本書では、膨大に撮影された写真の中から、世界20カ国のユーモラスな、犬と猫の姿をセレクト。
自然に溶け込むその姿に、犬派も猫派も、癒されること間違いなしです。

 

もくじ

風景のなかに、犬はどこだ、猫はどこだと探してしまう。
それは日常でも旅先でも変わらない、昔からのくせだ。(まえがきより)
そんな著者の旅の記録。世界のどこかで人と寄り添って暮らす犬。いつでもきままな猫。
(引用元:KADOKAWA
[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です