京都伏見のあやかし甘味帖 月にむら雲、れんげに嵐 (宝島社文庫)

柏てんさんの作品です。

上手くいっていた京都での生活ですが、契約期間満了まであと少しになってしまいます(; ・`д・´)

色々と動き始めそうな第3弾ですね(*^ω^*)

650円+税。

道端で拾ったのは
天狗の赤ん坊
挫折系女子の受難は終わらない!

仕事&結婚を失ったやけっぱち元OLと
甘えん坊妖狐の人気シリーズ、第3弾!

『虎太郎の甘味日記』
も大好評!

読書メーター
読みたい本ランキング文庫部門
第1位!日間・週間(2017年7月14日〜20日)

仕事も恋も失って、京都で人生休憩中の元社畜・小薄(おすすき)れんげ、29歳。甘味マニアな大学生男子と、甘えん坊子狐との共同生活は波瀾万丈かつ快適だったが、契約期間はそろそろ終わりに近づいていて……。このまま京都で生活するのか、東京に戻るのか、仕事は?恋は?悩み始めたれんげに新たなトラブル勃発!いったい、この赤ん坊はどこから来たの!? 子育てどころか、未婚のれんげはパニック必至。悩む暇さえなくなったれんげの明日はどっちだ!あやかし不思議物語、第3弾!

※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

(引用元:宝島チャンネル

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です