カラー版 1時間でわかる西洋美術史 (宝島社新書)

著者:宮下 規久朗さんです。

世界のエリートはどんなところを意識しているんでしょうね(*´ω`)

歴史的な役割を知れると、他の作品についての見え方も変わってくるので興味深いですね(*^ω^*)

1,200円+税。

ルネサンス/バロック/印象派
西洋美術の見所がこの1冊で語れる!
世界のエリートが必ず身につける教養のスタンダード

世界的名画を150点以上掲載

西洋美術に興味を持ちはじめた入門者に向け、名作の豊富な図版とともに、オールカラーでていねいに解説する西洋美術史ガイド新書です。教養として西洋美術に親しむための基礎的な知識について、知識ゼロの状態からでも本書で一気に学ぶことができます。美術史を築いた巨匠の人間味あふれる意外なエピソードや、西洋美術の果たした世界史における歴史的な役割を読み解くなど、ビジネスパーソン必見の内容です。

目次

まえがき

CHAPTER 1
古代美術
古代美術の代表作品

CHAPTER 2
中世美術
中世美術の代表作品

CHAPTER 3
ルネサンス
ルネサンスの代表作品

CHAPTER 4
バロック・ロココ美術
バロック・ロココ美術の代表作品

CHAPTER 5
19世紀美術
19世紀美術の代表作品

CHAPTER 6
20世紀美術
現代美術の代表作品

参考文献

(引用元:宝島チャンネル

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です