パフェ本

著者:斧屋さんです。

イメージするパフェからだいぶ進化しているようです(*´﹃`*)夜パフェなるものもあるようで、色々と気になってしまいますね( *´艸`)

1,200円+税。

おいしく、楽しく進化する最新パフェ案内
「パフェ」ブームが全国で本格的に到来!!

…「パフェって、生クリームとコーンフレークとバニラアイスがもりもりしたアレでしょ?」と思っているあなたは、この本に登場するパフェに衝撃を受けることでしょう。

●日本庭園に見立てたパフェ
●いちごの姿は見えないがいちごを全体で再構築して表現したパフェ
●予約して「イベント」として楽しみに待つパフェ
●「映えない」、だがそれがまた素晴らしいパフェ
…など、全国には作り手たちの思想がつまった、個性豊かなパフェがたくさん。
今やパフェは「グラスに甘い物を詰め込んだデザート」などではないのです!

本書では日本唯一のパフェ評論家・斧屋氏が、有名・無名にこだわらずに現在のパフェ界が横断的にわかるパフェを厳選。

「カウンター形式で食べるパフェ」「夜パフェ」「月替わりのパフェ」等のテーマ別に、「おいしそう&美しい」写真と共に100本以上掲載。ガイドとしても使えます。またパフェの構成に込められた作り手の思想や、「映えについて」論など、切れ味抜群のコラムもたっぷり収録。

「おいしい」以外の楽しみ方があることを知って、
パフェの深みに一緒にはまりましょう。

(引用元:小学館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です