フェルメール 作品と生涯 (角川ソフィア文庫)

著者:小林 頼子さんです。

なんとも言えない描写のフェルメールですが、どのようにしてその作品が生まれて行ったのかを紹介してくれております(*´ω`)

フェルメール展に行かれた方もまだの方も楽しめそうです(*^ω^*)

920円+税。

全絵画作品をカラーで掲載。魔術的な光と空間の秘密に迫る決定版

17世紀オランダで活躍したフェルメール。宗教画や神話画から転向し、勃興したばかりの市民階級が求める風俗画の制作へと乗り出した画家は、《牛乳を注ぐ女》《真珠の耳飾りの少女》といった名作を手がけていく。現実のようでいて現実でない魔術的な光と空間の描写は、いかにして生まれたのか。全作品をカラーで収録し、その真筆性をめぐる議論とともに、様式論を一冊に凝縮。政治や絵画市場などの背景に迫る補論を付した増補版。
(引用元:KADOKAWA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です