Pen(ペン) 2018年11/15号[超おさらい! 日本美術史。]

特集「完全保存版 超おさらい! 日本美術史。」

縄文時代からさかのぼり、現在に至る流れを学べるものとなっております(*´ω`)

色々なことが絡み合ったりして変わっていっているのでしょうか(*^ω^*)

完全保存版
超おさらい! 日本美術史。

燃え盛る炎のような模様の縄文土器、力強い肉体を表した仏像、金を貼った豪華な屏風……。
誰もが知る名作でも、なぜそれが生まれ、どんな意味をもったかを案外知らないものだ。
今回Penの誌上には、縄文時代から現代まで、日本美術史上の傑作が勢揃いした。
パリやモスクワで日本美術の展覧会が相次ぐなど、海外からも注目される日本の美。
その歴史を作品誕生のエピソードや背景となる当時の情勢を交えながら、時代別に振り返ろう。

[縄文時代]
1万年もの定住生活から生まれ出た、美の原点。
[飛鳥時代]
仏教が伝来し、日本で初めて仏像がつくられた。
[奈良時代]
災いが続く世を憂い、国の平安を大仏に託す。
[平安時代]
往生を切望する貴族が欲した、美麗なる仏画。
院政期に流行、スクロールする絵巻の楽しさ。
[鎌倉時代]
武士の世に生まれた、リアルで力強い鎌倉彫刻。
[室町時代]
応仁の乱を機に、画僧の水墨画が地方で発展。
[桃山時代]
天下人に愛された、永徳と等伯がしのぎを削る。
利休によって大成された、「わび」という文化。
大航海時代が生んだ、国際性豊かな南蛮美術。
[江戸時代(前~中期)]
美意識の継承によって、育まれていった琳派。
18世紀の京を沸かせた、スーパー絵師たち。
[江戸時代(後期)]
江戸の風俗を生き生きと描いた、浮世絵の盛栄。
[明治時代~戦前]
西洋の写実表現に学びを得た、近代の日本画。
洋画家は挑戦を重ね、多彩な個性が開花する。

日本画の味わいをつくり出す、伝統的な画材。
名作をたどれば一目瞭然、美人のトレンド図鑑。
日本の「カワイイ」は、動物たちから始まった!?
現代のアートシーンに現れた、日本美術のDNA
「奇想」をキーワードに、非凡なる美を再発見。
今秋から来春まで、必見の展覧会をチェック!

ほか、連載など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です