秩父あやかし案内人 困った時の白狼(ハク)頼み (宝島社文庫)

香月 沙耶さんの作品です。

秩父が舞台の不思議な白狼・ハクと不思議な事件を解決していく物語となっております(*´ω`)

あやかしたちはどんな悪さをしているのでしょうね( *´艸`)

町の案内人&
ワガママ白狼、

秩父ゆかりのあやかし達
〈北〉北辰の梟
〈南〉子育ての虎
〈西〉お元気三猿
〈東〉つなぎの龍
↑荒ぶるあやかし達から、
秩父の平和を守ります!

夢を諦め故郷の秩父に帰ってきた晴人は、ひょんなことから秩父が舞台の映画ロケを手伝うことに。――が、肝心の脚本家が行方不明になってしまう!彼を捜し秩父の神社を巡る中、晴人は不思議な白狼・ハクと出会う。「小豆飯を寄越せ」「依り代(よりしろ)なしでは動けない」とワガママを言うハクに狼の着ぐるみを着せ探索を続けるうち、次々と起きる不思議な事件。どうやら、あやかし達が“悩みを抱えた人々”に何か悪さをしているようで……?見習い案内人、秩父を平和に導きます!

※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、地名、団体等とは一切関係ありません。

(引用元:宝島社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です