アルスラーン戦記(10)

著者:荒川 弘さん、原著:田中 芳樹さんです。

祖国に戻るも一息つく暇もなく、脅威が迫ってまいります(; ・`д・´)10巻も目が離せませんね(*´ω`)

三か月ぶりに祖国パルスの大地を踏んだ、王太子・アルスラーン。アルスラーンの名による「ルシタニア追討令」、「奴隷制度廃止令」が布告され、ペシャワール城には、多くの兵を率いた諸侯や領主たちが集結した。一方、ザーブル城に籠城するボダン攻略の任を受けた銀仮面ヒルメスもまた覇王となるべく、動き始める。己の信じる王の道を歩む少年に、忍び寄る邪悪な黒い影…。新たな脅威の予兆に、大戦目前のパルス激震!

(引用元:講談社

【特装版はこちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です