ヘッポコ征夷大将軍

著者:長谷川 ヨシテルさんです。

意外な事実にちょっと身近に感じられるかもしれませんね(*^ω^*)

日本史に親しむきっかけにも是非!

将軍様と呼ばないで!? ――知られざる鎌倉将軍、フラフラさまよう足利将軍、意外にお人好しの徳川将軍……天下人の残念&ほっこりエピソード満載!

**************************************************************

日本史上700年近くにわたって続いた武家政権の頂点に立つ“征夷大将軍”。「その威光たるや、従わぬ者はなし!」と言いたいところだが、それぞれの将軍をひとりひとり見ていくと、必ずしもそうではない……どころか、「これで本当に将軍?」と思われるような情けない将軍や、特筆すべき業績は残していない「トホホ」な将軍の多いこと。

武家政権のパイオニアたる源頼朝からして、浮気が原因で政権内の争いを引き起こしているし、足利尊氏や徳川家康は何度も隠居や切腹願望にとらわれる弱気な一面を持っていた。

教科書では「偉人」とされる英傑たちですらこうなのだから、他は推して知るべし。夜な夜な辻斬りしていた疑惑がささやかれる将軍、一度も都に入ることなく生涯を終えた将軍、人は良いけど実権は幕臣に握られていた将軍などなど、「権力者」のイメージとはかけ離れたエピソードはしかし、知れば知るほど親しみを感じてきてしまうほど魅力的。

教科書では知ることができない、歴代39人の征夷大将軍の人間くさいエピソードを読み解くことで、新しい日本史が見えてきます!

(引用元:柏書房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です