面倒くさい日も、おいしく食べたい! 仕事のあとの、パパッとごはん

著者:一田 憲子さんです。

やっぱり手作りが美味しく感じますよね(*´ω`)

毎日作り続ける工夫や時短レシピを80紹介してくれております(*^ω^*)

1,380円+税。

手抜きだけど、ほめられる
みんなが喜ぶごはんの秘密

『暮らしのおへそ』編集ディレクターを務める一田憲子(いちだのりこ)さんは、
料理上手でも知られています。
一田さんのうちで出されるおいしい品々は、「どうやって作ったの?」と、
思わず作り方を聞きたくなるものばかり。

それでも、ご本人は「毎日ご飯を作るのは面倒くさい」と言うのです。

そこで! 本書では、そんな一田さんが、おいしく食べるためのごはんの秘密を
余すところなく公開します。

取材で全国を飛び回り、慌ただしい日々を送る一田さん。
仕事を終えて家に戻ってから、ささっとごはんを作って食べる暮らし。
忙しい中でも、家でごはんを作って食べる理由は明快です。
それは、「そのほうがおいしいから! 」。

毎日ごはん作りを続けるためには工夫が必要です。
作業を合理的に組み立てることも大事です。
面倒くささを少しでもエンジンに変える魔法も使わなくてはいけないかもしれません。
そして台所に立ったら、あれこれ迷っている暇はありません。
ただ、食べたときに「ウマい! 」と声が出るような最高の一品にしたい。
その思いはいつもあります。

そんな一田さん流料理の知恵と工夫が結集した一冊。
時短でおいしい80品の作り方も収録。
参考にしたいアイデアがいっぱいです。

◎目次
01 玄関開けたら15分でごはんにする
02 レシピを単純化する
03 鍋まかせで作る
04 おいしい組み合わせを知る
05 揚げ物は食べる前に油を片づける
06 煮物を主菜に格上げする
07 昨日の残り物で卵料理を
08 酸っぱいおかずでバランスをとる
09 キンピラに助けてもらう
10 魚料理をバージョンアップする
11 「○○の素」を卒業する
12 乾物料理を主役に抜擢する
13 失敗しない炒めものを知る
14 困った日には豚肉マキマキ
15 和え物はパターン化する
16 考えるのが面倒なら、じゃがいも料理
17 ほめられおかずを作る
18 デザートは一週間分を作りおく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です