写真力アップのための新トレーニング-いま私が写真教室で教えていること-

著者:岡嶋和幸さんです。

操作、作画、編集、創作という4部構成となっております(*´ω`)

レタッチやプリント表現なども学べます!

1,800円+税。

カメラ中級者になるために2冊目に買うべき脱初心者本

4部構成でカメラと写真の基礎がすべて学べる、初心者から中級者へステップアップしたい人向けの脱初心者入門書です。本書は操作(Training-01)、作画(Training-02)、編集(Training-03)、創作(Training-04)の4部構成。操作はカメラの基本的な操作と技術を学ぶセクションです。ピント、露出、F値、シャッター速度、ISO感度など、カメラの機能を操作することで写真がどのように変化するのかを身に付けます。作画は被写体との距離のことや画面構成(構図)、レンズアプローチなど主に写真の表現方法についての知識を学びます。編集ではRAW現像やフォトレタッチ、さらにはプリント表現(用紙サイズや余白の付け方)など、撮影後に学ぶべき要素を担うセクションです。最後の創作はフォトコンテストに挑戦する方法や写真展示の方法、さらには組写真の考え方やポートフォリオの作り方など、いわゆる写真を第三者に見せるためのヒントを知ることができます。

(引用元:インプレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です