太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き

著者:大石 明弘さんです。

女性初のピオレドール受賞クライマーの生涯をまとめた一冊となっております。

様々な経歴がありますが、それぞれどんな思いで成し遂げたのでしょうね。

1,400円+税。

一流のアルピニストでありながら山や自然に対するしなやかな感性を持ち続け、
ヒマラヤにもウラヤマにも等しい愛情をもって登り続けた谷口けい。

その生涯は2014年12月、大雪山でのアクシデントで幕を閉じることになってしまったが、
彼女の言動に強い影響を受けた登山者やクライマーは数多く存在する。

そのひとり、山岳ライターの大石明弘が、谷口けいの生涯を取材してまとめた渾身の評伝。

女性初のピオレドール受賞クライマー、谷口けいの心の旅は終わらない。

【谷口けい 略歴】
1972年 和歌山県生まれ
1998年 明治大学卒業
2001年 伊豆アドベンチャーレース総合1位
2004年 平出和也とゴールデンピーク登頂
2005年 平出とシブリンに北壁新ルートから登頂
2006年 野口健登山隊でマナスル登頂
2007年 野口隊でエベレストに登頂
2008年 平出とインド・カメット南東壁を初登攀。この記録でピオレドール賞を受賞
2011年6月 花谷泰広とカヒルトナピークス(アラスカ)縦走
2014年6月 和田淳二とアラスカ、カヒルトナ氷河で4本のルートを初登。この記録でピオレドール・アジアを受賞
2015年夏 和田とネパール東部のパンドラ登攀
2015年12月 北海道大雪山系・黒岳北壁を登攀後に滑落死

(引用元:山と渓谷社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です