ムーンナイト・ダイバー (文春文庫)

天童 荒太さんの作品です。

震災によって流されてしまった遺留品を回収するダイバー。自分という意味を考えさせられますね。

巻末に新たな書下ろしエッセイ「失われた命への誠実な祈り」も収録されております。

640円+税。

震災から四年半が経った地で、深夜に海に潜り、被災者たちの遺留品を回収するダイバーがいた。男の名前は瀬奈舟作。金品が目当てではなく、大切な家族や恋人を亡くした人々のために、ボランティアに近い形で行なっている。ただし、無用なトラブルを避けるため、ダイバーと遺族が直接連絡を取り合うことは禁じられていた。
ある日、舟作の前に透子という美しい女性が現れる。彼女も遺族の一人だったが、なぜか亡くなった自分の夫の遺品を探さないでほしい、と言う――。

フクシマの原発避難区域圏内にも入って取材し書かれた、著者の新たな代表作となる鎮魂の書。サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪感)についても強烈に考えさせられる問題作です。
巻末に新たな書下ろしエッセイ「失われた命への誠実な祈り」を収録。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です