羽生善治×AI

著者:長岡 裕也さんです。

羽生さんの目指すものは何だったのでしょうか。AIとの面白い組み合わせなので、気になりますね(*´ω`)

1,600円+税。

将棋史に残る激闘となった2008年の「竜王戦」。
7番勝負でまさかの「3連勝4連敗」を喫し、渡辺明に敗れた羽生善治は人知れず「研究会」をスタートさせていた。
10年間に及ぶ「2人だけの研究会」で何が行われ、羽生は何を目指したのか。
研究パートナーであり「羽生の右腕」として知られる棋士・長岡裕也が、「誰も知らない羽生」をここに明かす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です