ザ・ウォール

堂場 瞬一さんの作品です。

主役が球場という野球小説となっております。

大リーグ好きなオーナーの意向により「ザ・ウォール」の異名の新球場が完成。

移転したかつての名門はどうなってしまうのでしょうか。選手や監督、スタッフだけではなく観客も満足できるものとはどんなものなのでしょうね。

1,700円+税。

野球小説の旗手が放つ、「球場」が主役の革命的一作。渾身の書き下ろし!

低迷にあえぐかつての名門球団「スターズ」は、
本拠地を副都心・新宿の新球場に移転し、開幕を迎えた。

地下鉄駅に直結、オフィス棟、ショッピング棟、
ホテルの高層ビル三つが周囲にそびえ立つ形状で、
<ザ・ウォール>の異名をとるスターズ・パークには、
大リーグ好きオーナー沖真也の意向がふんだんに盛り込まれている。

日本的発想に捉われないサービスや施設の魅力で観客増を図るオーナー。
狭くて打者有利の球場に四苦八苦しつつ、堅実な采配で臨む監督・樋口孝明。
両者間には軋轢が生じ、序盤は苦戦が続いたチームの成績は、
後半戦に入ると徐々に上向き始める……。

ファンが求める「面白い野球」とは。
「理想のボール・パーク」とは。
野球小説の旗手が放つ、「球場」が主役の革命的一作。渾身の書き下ろし!

(引用元:実業之日本社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です