動物園から未来を変える―ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン

著者:川端裕人さん、本田公夫さんです。

動物の展示では見に行く気も起きにくいですよね(;´・ω・)

そうならないための工夫にはどのようなものがあるのでしょうか(*´ω`)

2,000円+税。

ただ「動物を見せて終わり」じゃない。メッセージを伝えなければ――
世界を驚かせた革新的な展示の数々は、どのように作られているのか

来園者の行動を、意識を変えていく
アメリカの動物園で活躍する
日本人デザイナーの仕事に迫る

「動物園に来た人の首根っこを摑んで、自然の側に放り投げるような仕事をしたいんです」
革新的な展示を数多く世に送り出し、今も世界の動物園のお手本と評されるニューヨークのブロンクス動物園。その展示グラフィックス部門を牽引する日本人デザイナー・本田公夫に作家の川端裕人が聞く。日米両方の動物園を見てきたふたりが語る、これまで、そしてこれからの動物園。

(引用元:亜紀書房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です