初心者が真っ先に覚えたい! 写真の表現テクニック入門

著者:上田晃司さんです。

基本はやっぱり大事ですよね(*´ω`)

ある程度撮られている方も発見があるかもしれませんね(*^ω^*)

1,800円+税。

年間100回以上の講義で「わかりやすい」と評判の著者が、
絶対に外せない「撮影ワザ」を教えます!


 うまく撮りたいのに、どうも薄っぺらい写真にしかならない。
同じ場所・被写体なのに、人よりも見劣りする……。
その原因は、写真ならではの「見せ方」を知らないから。

カメラは機械です。才能やセンスがなくても、
写真の表現方法を知ることで、
誰でもひときわ良く見える写真を撮れます。

年間100日以上、写真教室で教える
人気フォトグラファーが大切にする表現テクニックを紹介。

普遍的な表現方法を知ることで
日常の記録でも、作品づくりでも
あなたの写真がグーンとレベルアップする! 

【本書の特徴】
・カメラが変わっても使える普遍的な入門書
・日常の記録でも作品づくりでも絶対に外せないテクニックを選出
・大判サイズで、きれいな写真が楽しみながら学べる
・基礎と応用を分けて撮影のポイントを細かく解説


【Contents】
1章 撮影の準備
2章 ピントの表現
3章 シャッター速度の表現
4章 明るさの表現
5章 レンズの表現
6章 色の表現
7章 写真表現を組み合わせる


【著者について】
上田晃司(うえだ・こうじ)


写真家。
広島県呉市出身。
米国サンフランシスコに留学し、写真と映像の勉強をしながらテレビ番組、CM、ショートフィルムなどを制作。現在は雑誌、広告を中心に活動し、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影する。ニコンカレッジ、LUMIXフォトスクール、Profotoオフィシャルトレーナーなど、年間100回以上の写真教室や講演を行う人気講師でもある。

(引用元:玄光社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です