みかんとひよどり

近藤 史恵さんの作品です。

始めたばかりの猟で遭難してしまった潮田を救った不愛想な猟師の大高。

それぞれの生き方があるなかでの、関わり合いや成長を見られる作品です(*´ω`)

1,500円+税。

「肉を焼くことは、対話だ」ジビエを通して繋がる、ふたりの成長物語

始めたばかりの猟で遭難してしまった潮田亮二、35歳。相棒の猟犬と共に途方に暮れていたところ、無愛想な猟師・大高に助けられる。
かねてからジビエを料理したいと考えた潮田は、大高の仕留めた獲物を店で出せるように交渉する。しかし、あっさり断られてしまい――。
夢を諦め、ひっそりと生きる猟師。自由奔放でジビエへの愛情を持つオーナー。謎の趣味を持つ敏腕サービス係。
ふつうと少し違うけど自分に正直な人たちの中で、潮田は一歩ずつ変わっていく。
人生のゆるやかな変化を、きめ細やかに描く、大人の成長物語。
(引用元:KADOKAWA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です