なぜか生きのこったへんな動物

著者:今泉 忠明さんです。

動物には色々な知らないことがありますね(*´ω`)

どんな理由があるのか楽しみです( *´艸`)

1,000円+税。

【目次】
●旧北区のへんな動物 ユーラシア大陸
・ユキヒョウは雪男の正体だった?
・バイカルアザラシはまちがえて湖にすみついた

●新北区のへんな動物 北アメリカ大陸
・ビーバーは自分がかじった木につぶされることがある
・プロンクホーンは緊張するとおしりがにおう

●アフリカ熱帯区のへんな動物 アフリカ大陸
・サハラのフェネックは一生水を飲まない

●東洋区のへんな動物 インド、東南アジア一帯
・スマトラサイはマンモスの弟の生きのこり
・バビルーサは自分の牙で顔をつきさす

●新熱帯区のへんな動物 南アメリカ大陸
・マナティーは美しくないのがよかった

●オーストラリア区のへんな動物 オーストラリア大陸
・コアラは4時間しか起きていられない

●海のへんな動物
・トドはなかまにあいに水族館にやってくる

(引用元:幻冬舎

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です