DAYS(32)

安田 剛士さんの作品です。

宿敵・桜高戦を前に、選手は何を思うのでしょうか。

それぞれの過ごし方に性格が表れそうですね(*´ω`)

450円+税。

嵐の夜、ふたりの少年が出会った。何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

「日々の積み重ねが明日に繋がるんだ」。聖蹟の準決勝の相手は、インハイ予選で敗れた宿敵・桜高に決定。とはいえ、試合は1週間後。選手達は束の間の日常へと戻っていく。懐かしのメンバーにフットサルに誘われたつくしは、思い出のコートへ。初めてボールを蹴ったその地で、彼は何を感じ、何を見つけるのか。

(引用元:講談社

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です