南アルプス山岳救助隊K-9 逃亡山脈 (徳間文庫)

樋口明雄さんの作品です。

メインシリーズのK-9最新刊となります!

山梨県警南アルプス署からの移送車が大型トラックに狙われ…

どの様な目的があるのでしょうか。結末が気になりますね(; ・`д・´)

740円+税。

イッキ読み間違いなし!

『約束の地』で大藪春彦賞、
『ミッドナイト・ラン』でエキナカ大賞を受賞した
樋口明雄のメインシリーズ〈K-9〉最新刊!

事件に巻き込まれた刑事を、
静奈とバロンは救えるか!?
救助犬とともに生命を救うため奮闘する
山岳救助隊員の活躍。

警視庁阿佐ヶ谷署の大柴刑事は、本庁警備一課から
山梨県警南アルプス署に拘留中の窃盗被疑者・
高沢の移送を命じられた。
以前〈クリムゾン・ウイルス事件〉で捜査を共にした
南アルプス署山岳救助隊の神崎静奈(せいな)は、
残念ながら北岳で救助活動中。
担当の東原刑事から高沢の身柄を引き取り、
東京へ戻る帰路、移送車が大型トラックに
追突された。
さらに追走するトラック。
明らかに自分たちを狙っている!
大柴は南アルプス署に連絡し、東原を呼び出すが、
そういう名前の刑事はいないという。
高沢に事情を尋ねても沈黙を守ったままだ。

一方、山を下りて署に戻った静奈は、
署員から大柴が事件に巻き込まれていることを知り、
愛犬バロンとともに現場に急行する。

追跡者の目的は? 高沢はなぜ沈黙を守るのか!?
大菩薩峠から奥多摩、逃避行の行く末は――

文庫書き下ろしハード・チェイス・アクション!

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です