ヤマケイ文庫 名作で楽しむ上高地

編集:大森 久雄さんです。

上高地の様々な名作をまとめた一冊となっております(*´ω`)

訪れる前に一読したいですね(*^ω^*)

1,000円+税。

上高地再発見!
登山家、文学者の紀行・エッセーと歴史エピソードの名作集。

文政9(1826)年の播隆、明治24(1891)年のウェストンに始まり、上高地は常に日本の登山の中心にあり、幾多の登山者、文学者たちが訪れてきた。
彼らの残した名作で、上高地の魅力を再発見し、さらに興味深い上高地の歴史やそこに生きた山人たちの姿をしのぶアンソロジー。

登山家は小島烏水、辻村伊助、田部重治ほか、
文学者は窪田空穂、高村光太郎、若山牧水、芥川龍之介ほか、
読んでおきたい本当の名作が一冊に。

上高地の魅力、歴史、上高地に生きた人々など、上高地を深く知るためにも役立ちます。

(引用元:山と渓谷社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です