119

長岡 弘樹さんの作品です。

ミステリ短篇が9つ収載されております(`・ω・´)

和佐見消防署消防官たちの物語、楽しみです(*´ω`)

1,500円+税。

――怖がるなとは言わない。だが、恐怖を他人に感染させるな。
消防学校時代の担任教官が、たった一度だけ口にしたそんな言葉がいまでも忘れられない。(「白雲の敗北」より)。

ベストセラー『教場』『傍聞き』の短篇の名手が贈る、心震える9つのミステリ短篇。

人を救うことはできるのか――
和佐見消防署消防官たちの9つの物語。

雨の翌日、消防司令の今垣は川べりを歩く女性と出会う(「石を拾う女」)。
新米の土屋と大杉は「無敗コンビ」だった(「白雲の敗北」)。
女性レスキュー隊員の志賀野が休暇中に火事を発見(「反省室」)。
西部分署副所長の吉国は殉職した息子のお別れ会で思い出を語るが……(「逆縁の午後」)ほか5篇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です