山と食欲と私 10

信濃川 日出雄さんの作品です。

亡き父の足跡を辿る10巻です(*´ω`)

炙りの神様も登場します!

520円+税。

27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれたくない自称・単独登山女子。亡き父が遺した40年前の写真を頼りに、初めての九州・大分県、くじゅう連山へ。まさかと思いながらも父の足跡を探すが――? 登山初体験の姪っ子を連れて奥武蔵・日和田山を登ったり、謎を解かないとヤマンバに喰われるという旅館に泊まったり、「炙りの神様」に出会ったり!? 初めての体験と未知なる山ごはんが盛り沢山の第10巻。

(引用元:新潮社

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です