掟上今日子の挑戦状 (講談社文庫)

西尾 維新さんの作品です。

完全犯罪を目指さないというミステリでは珍しい犯人ですが、掟上今日子の推理にどう影響していくのでしょうね(; ・`д・´)

660円+税。

鯨井留可は完全犯罪を目指さない男。そんな彼がアリバイ工作のために声をかけたのは、白髪の美女。なんと彼女は眠るたびに記憶を失ってしまう忘却探偵・掟上今日子だった!
完璧なアリバイ、衆人環視の密室、使者からの暗号――不可解な三つの殺人事件に、今日子さんはどう挑むのか?!

「掟上今日子のアリバイ証言」ほか、2編が収録された忘却探偵シリーズ第三弾ついに刊行!

(引用元:講談社

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です