日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展


2020年も日本初上陸のものが60点ほどあるのですね(*´ω`)

また浮世絵を始めとした日本の芸術も盛り上がっています(*^ω^*)

850円+税。

———————————————————————————————
惜しまれつつ休刊になった「日経おとなのOFF」ですが、年末の美術展特集は健在です。
2020年オリンピックイヤーは、美術館・博物館も日本の文化力発信のために、
ありったけのエネルギーをつぎ込んで熱い美術展が繰り広げられます。その見どころを熱血解説!

今年も、名画クリアファイル、美術展ハンドブック100、名画カレンダー、の豪華三大付録付!
——————————————————————————————–
2020年は「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」から。日本初お目見えのフェルメール、ゴッホ、レンブラントなど60点あまりが!
そして「ハマンスホイとデンマーク絵画」「アンディ・ウォーホル・キョウト」「BANKSY展(仮称)」・・・など注目の美術展が目白押しです。

また、オリンピックイヤーとして日本文化を紹介する「特別展   KIMONO」「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳   夢の競演」や
「The UKIYOーE2020-日本三大浮世絵コレクション」、「法隆寺金堂壁画と百済観音」「東塔大修理復興記念薬師寺展」なども注目。
日本絵画の見どころから、仏像の名品、そしてビジネスパーソンが学びたい「アート思考」を学ぶための美術展鑑賞法を紹介します。

アーティゾン美術館、SOMPO美術館、京都市京セラ美術館、福田美術館、弘前れんが倉庫美術館など、新&リニューアルオープンの美術館情報も。
これまで以上に充実した2020年の美術展をお届けします。

そのほか、ベートーベン生誕250年となる2020年のクラシック音楽情報も充実。
音楽ジャーナリスト林田直樹さんと映画にクラシックを効果的に使うと評判の映画監督・武内英樹さん(翔んで埼玉、のだめカンタービレ、テルマエ・ロマエなど)のクラシック対談もお楽しみに。

今年も【豪華三大付録付き】
【付録1】   名画クリアファイル
【付録2】   2020年美術展ハンドブック100
【付録3】   2020年名画カレンダー

※内容は変更になることがあります

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です