ジオスケープ・ジャパン 地形写真家と巡る絶景ガイド


著者:竹下 光士 さんです。

山岳地や日本海最初の堆積岩など興味深い場所を紹介してくれます(`・ω・´)

地形の成り立ちをを知ることで楽しみも増えそうですね(*´ω`)

1800円+税。

巨大な大陸プレートの端に乗る火山列島・日本。
その大地は太古から隆起と沈降、堆積と浸食を繰り返してきたことで、
全国各地の自然のなかに不思議な地形や奇岩といった、さまざまな絶景を見い出すことができます。

本書は、北海道から沖縄まで、地形写真家である著者が、
国内で見られるダイナミックで美しい「大地のかたち」の写真を紹介しながら、
その成り立ちをわかりやすく解説した、地形を見るためのガイドブックです。

多くの人々が訪れる観光名所はもちろん、
何時間も歩いて登らなければならない山岳地や、地元の人にしか知られてない密かな場所など、
全国51箇所の絶景スポットを著者の目線を通してその地形の魅力と楽しみ方を伝えます。

掲載地(一部)
「北海道誕生の証人」アポイ岳(北海道)
「ノジュールが転がる海岸」鵜ノ崎海岸(秋田県)
「津波石が語ること」ハイペ海岸の津波石(岩手県)
「豪雪地帯の岩壁」谷川岳一ノ倉沢(群馬県)
「深海からやってきた岩石チャート」虎岩(栃木県)
「押しつぶされてできた岩」長瀞の変成岩(埼玉県)
「甌穴を彫る玉石」かんのん浜のポットホール(静岡県)
「富士山の裏の顔」富士山宝永火口(静岡県)
「氷河が削った気高き峰々」槍・穂高連峰(長野県)
「石英脈が描く縞模様」横川の蛇石(長野県)
「風化でできたオブジェ群」燕岳(長野県)
「日本海最初の堆積岩」平根崎(新潟県)
「消えた立山火山の遺産」立山(富山県)
「溶岩の収縮でできた割れ目」東尋坊(福井県)
「神様になった滝」那智の滝(和歌山県)
「石灰岩を溶かしてできた地形」秋吉台(山口県)
「礫層に守られて」阿波の土柱(徳島県)
「桁外れな阿蘇のスケール」阿蘇山(熊本県)
「差別浸食の造形」鬼の洗濯板(宮崎県)
「活火山の島」桜島(鹿児島県)
「南の島のキノコ岩」古宇利島のハートロック(沖縄県)

(引用元:山と渓谷社

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です