化物語(8)


原著:西尾 維新さん、著者:大暮 維人さんです。

1匹だと思っていた撫子に巻き付いていた蛇は、実は2匹という想定外のピンチに(; ・`д・´)

そんな怪異に阿良々木はどう立ち向かうのでしょうか…

620円+税。

西尾維新の代表作『化物語』を『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!

現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい”物語”

千石撫子の身体に巻き付いていた“蛇”は2匹いた。突如として命の危機に瀕した彼女を、阿良々木暦は救えるか? そして今、暦にとって最初の“傷”をめぐる物語が明かされる。「語らねばならないのだろう。僕の地獄が始まったあの日のことを」。西尾維新×大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 生きようと、這ってでも乞う〈物語〉!

(引用元:講談社


【特装版はこちら↓↓】

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です