化物語(9)


著者:西尾 維新さん、大暮 維人さんです。

阿良々木が吸血鬼となってしまうまでから現在に至るまで、やはりスッといくことなど無かった訳ですね。

とりあえず委員長は凄いですね( ゚Д゚)

620円+税。

西尾維新の代表作『化物語』を『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!

現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい”物語”

今語られる、阿良々木暦の“始まり”の物語。全ては、高貴で尊大で美しく、傷だらけの吸血鬼との出遭いから。そして彼を待ち受けていたのは、地獄とも呼べる日々だった……。『化物語』前日譚にして第零話、『傷物語』!! 西尾維新×大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 旧懐で、終わるはずもない〈物語〉!

(引用元:講談社


【特装版はこちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です