白嶺の金剛夜叉 山岳写真家 白籏史朗


著者:井ノ部 康之さんです。

どれくらい変化しているのでしょうか。またどんな思いで山岳写真の世界を切り開いてきたのでしょうか。

人生の道標にもなってくれそうです(*´ω`)

2000円+税。

山岳写真界の草分けであり、日本を代表する山岳写真家・白籏史朗の生涯を井ノ部康之が描く。
『山と溪谷』2003年1月号から12月号まで掲載されたスーパー・ロングインタビュー「山岳写真家 白籏史朗 語りつくす」をもとに、丹念な追加取材をして1冊にまとめ上げた評伝。

・富士 美しき故郷 山梨県大月
・暗中模索の青春 岡田紅陽の内弟子時代
・山岳写真家宣言 わが行く道をみつけたり
・南アルプス 北岳を盟主とする心の山々
・尾瀬 山、水、花、霧の世界
・富士山 子供の頃から別格の山
・北アルプス 古希を過ぎても挑み続ける山々
・「日本山岳写真集団」からの離脱 師と弟子の死
・「白い峰」の創設 活発な山行と写真講評会
・「白い峰」の運営 会員たちの見た白籏像
・海外の山へ ヒンズークシュ山脈・マカルー遠征
・560日におよぶヒマラヤ取材 助手二人の死
・足かけ3年430日のカラコルム 九死に一生を得た交通事故
・世界に認められた事績 なお続く悠久の道

(引用元:山と渓谷社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です