映像撮影ワークショップ 新版

著者:板谷秀彰さんです。

事前に色々と準備をし、現場の撮影に臨む大切さはありますよね(*´ω`)

実行可能なものは取り入れていきたいところです(*’▽’)

2200円

スライドショーには JavaScript が必要です。

ドキュメンタリーカメラマンが伝授する

伝えたいことは動画にしてYouTubeに公開する。今はそんな時代です。RECボタンを押せば動画は記録できますが、難しいのは文字に頼らずに映像で「伝える」こと。そして人の心を動かすこと。長年テレビ業界で情報番組、紀行番組、ドキュメンタリー番組に携わってきたビデオカメラマンが現場での考え方や何をどう撮るべきか、試行錯誤のなかで体感してきたことを実践的にレクチャーします。カメラが進化しても変わることがない、映像撮影の本質が理解できる本。2014年に刊行され版を重ねてきたロングセラー本に、コロナ禍以降の状況を反映した新規原稿を加えて新版としています。

【テーマ例】
◎感情が作るカメラポジション
◎構図に差がつくファインダーの見方
◎画づくりに欠かせない! 照明の考え方
◎撮影者に必要なルックという概念
◎ガンマ調整で中間調の表現をコントロールする
◎表現という観点でホワイトバランスを考える
◎映像が持つ「体温」を感じてみる
◎撮影しながら全体を構成するのに必要なショットを考える
◎スチルとムービーの違いとカットの多様性を考える
◎画面を安定させるにはカメラバランスが重要
◎三脚の正しい使い方と手持ち撮影への応用
◎「シズル」のある表現とは? 食べ物を美味しそうに撮るコツ
◎点光源による硬い光と面光源による柔らかい光
◎本腰を入れて撮影する、腰の使い方を身につけよう
◎物語をイメージして布を撮る
◎登山ビデオのノウハウってあるの<? br>◎ガラパゴスなENGショルダーカメラとデジタル一眼
◎地元の工芸作家のプロモーションムービーを撮る
◎5年かけて4K撮影をしたNHKの巨樹シリーズのこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です