トランスジャパンアルプスレース大全

全長415km、標高差27,000mの日本海から日本アルプスを越え、太平洋にでるという( ゚Д゚)
そしてそれを8日以内にという過酷すぎるレースについて、選手へのインタビューや魅力、装備などに加え、2021年からのルール変更なども詰まった一冊となっております!

2420円

スライドショーには JavaScript が必要です。

究極の山岳レース「トランスジャパンアルプスレース」のすべてがわかる「TJARのバイブル」。

日本海から、日本アルプスを縦断して太平洋へ。
全長415km、標高差27,000m、8日以内、ノンストップのサバイバルレースが、の山岳レース「トランスジャパンアルプスレース」。

「トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」は、標高ゼロの日本海・富山湾から、3000m級の山々が重なる北アルプス・中央アルプス・南アルプスを縦断し、太平洋・駿河湾へ至る総距離415kmを、自身の足のみで8日間以内に踏破する、2年に一度の壮大かつ過酷な山岳アドベンチャーレース。

これまでに取材を積み上げてきた『山と溪谷』『マウンテンスポーツマガジン』『マウンテンスポーツネットワーク(MtSN)』等の記事の再掲載をはじめ、全優勝者座談会などの新たな記事も収録。
大会の歴史がわかる資料的価値だけでなく、歴代の選手にスポットを当てた記事も充実しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です