燃えあがる雲 大島亮吉物語

著者:深野稔生さんです。

大島亮吉の生涯と、同時代に活躍した学生登山家たちの青春群像が描かれた一冊です。

山岳信仰や生活のためではない、岩稜や雪山に挑むといった現代の登山への転換期の物語ですね。

1980円

スライドショーには JavaScript が必要です。

山に生き山に逝いた大島亮吉の生涯と、同時代に活躍した学生登山家たちの青春群像を描いた貴重な一書。

──海の鳥が海を寂しいとしないように、自分も狭く孤独な、独自の世界をけっして寂しいものとは思わないだろう。寂しいのはむしろ華やかな運動家的登山者のあいだに身を置くことだ。一人自分の山へ行くとき、山は以前にも増して親しく自分を抱擁するだろう。陽の光も雨も風も嵐さえも、そこで疲れ、苦しみ、歓び憩う自分にとっては身近に感じられるだろう。──(『登高行』第五年より)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です