高山~里山 登って書いた100余山 中高年の山ある記

著者:横内房寿さんです。

週刊長野の好評連載されていたものに、大幅加筆修正が入り発売となりました!

長野だけではなく海外のお山も含んだ110座。
色々と登ってみたくなりますね(*´ω`)

1650円

信濃毎日新聞記者のOBで、フリーペーパー「週刊長野」元編集長の著者による、長野県内から隣県、全国、海外まで2007年から2020年までの12年間の山行記。
週刊長野の好評連載に大幅加筆修正の上、エリアごとに再構成するなどして単行本化しました。
登った山は、市街地近郊の標高の低い里山から気軽な高原歩き、さらには北アルプスの3000メートル級の山々の縦走まで幅広く、その数110。原則1山2ページの見開きで、登山の行程や景色、動植物との出合い、山上や途中での出来事などをつづっており、日記風な筆致ではありますが、略地図も付いており、山を訪ねる際にはガイドブック的に役立つ情報も盛り込まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です