ダイヤのA act2(28)

寺嶋 裕二さんの作品です。

手に汗握る投手戦の均衡を崩すのはやはり頼れる四番の御幸なのでしょうか(; ・`д・´)
はたまた雰囲気を持った市大三高の4番、星田なのでしょうか…

鳥肌の西東京大会準決勝の勝者が決まります!

528円

目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる!

白熱の投手戦は終盤8回へ突入! 1点のビハインドを追う青道高校クリーンナップと、
圧巻の投球を披露する市大三高エース・天久が対峙する。逆転か、それとも死守か――。試合の命運を分けるのは、4番対エースの大一番。夏の本戦、西東京大会準決勝を制したのは――!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です