山に生きる 失われゆく山暮らし、山仕事の記録

著者:三宅 岳さんです。

著者の30年という長きに渡るフィールドワークが詰まった一冊です。

山人の暮らしというのはなかなか過酷ですね。今に続く仕事や途絶えてしまった仕事も紹介してくれます。

1760円

スライドショーには JavaScript が必要です。

胸を打つ山人たちの生き様!
ひたすらに山にしがみついて生きた、山人たちの暮らしが鮮やかによみがえる、著者渾身のルポルタージュ。

古来より山人の暮らしを支えてきた手仕事を一気に紹介。
民俗学的観点からも非常に価値のある記録集。

懐かしいだけでなく、現代にも続く山仕事もあり、そのリアルを骨太な文章で紡ぎ出す。
著者30年に渡るフィールドワークの集大成。

■内容
ゼンマイ折り 星 兵市・ミヨ夫妻(新潟県旧湯之谷村)、黒田信一・晶子夫妻(福島県南会津郡)/月山筍採り 渡辺幸任(山形県鶴岡市)/炭焼き 佐藤光夫(宮城県七ヶ宿町)/馬搬 岩間 敬(岩手県遠野市)/山椒魚漁 星 寛(福島県檜枝岐村)、平野敬敏(福島県檜枝岐村)/大山独楽作り 金子貞雄(神奈川県伊勢原市)/立山かんじき作り 佐伯英之 (富山県立山町)/手橇遣い 大矢義広(岐阜県高山市)/漆掻き 岡本嘉明(京都府福知山市)/木馬曳き 橋本岩松(徳島県美波町)/阿波ばん茶づくり 清水克洋(徳島県那賀町)

■著者紹介
三宅 岳(みやけ・がく)
1964年生まれ。神奈川県藤野町(現・相模原市緑区)に育ち、遊び、暮らす。東京農工大学環境保護学科卒。
フリー写真家。おもに山の写真を撮影。北アルプス・丹沢・入笠山などの山岳写真に加え、
炭焼きをはじめ山仕事や林業もテーマとする。著書に『アルペンガイド丹沢』 『雲ノ平・双六岳を歩く』 (山と溪谷社) 、
『炭焼紀行』 (創森社) 。ほかに共著など多数。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です