ヤマケイ文庫 山びとの記―木の国 果無山脈


著者:宇江 敏勝さんです。

熊野の山小屋から生まれた自叙伝が文庫になって発売です!

こちらの山ではどのような労働の歴史や文化があったのでしょうか。
似たようなところもありそうですが、果たして。

1100円

スライドショーには JavaScript が必要です。

郷愁を呼び覚ます、記録文学の名著。
紀伊半島で育まれた山林労働の歴史と文化、そして思考。
奥深い熊野の山小屋から生まれた稀有な山の自叙伝がヤマケイ文庫で復刻。

■内容
序章 古窯の跡を訪ねて
第1章 炭焼きと植林
第2章 青春の西ン谷
第3章 果無山脈の主
第4章 十津川峡春秋
第5章 食物記
終章 果無山脈ふたたび
増補 新しい世紀の森へ

■著者について
宇江 敏勝(うえ・としかつ)
1937年三重県尾鷲生まれ。
和歌山県立熊野高校を卒業後、紀伊半島の山で林業に従事するかたわら、文学を学ぶ。
デビュー作『山びとの記』は80年に中公新書から刊行され、高い評価を得た。
以降、40年にわたり随想、小説などをコンスタントに発表。
新宿書房より、「宇江敏勝の本」シリーズ(全15冊)、「民俗伝奇小説集」(全10巻)がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です