写真を撮りたくなったら読む本 : 最高の一枚を巨匠に学ぶ


著者:ヘンリー・キャロル Henry Carroll)さん、編集:平谷 早苗 さん、翻訳:株式会社Bスプラウトさんです。

理解しやすい言葉できっかけを与えてくれる1冊です!

色々な基礎や考え方がありますが、表現に合わせて使い分けられるようになれたらいいですね(*´ω`)

2420円

スライドショーには JavaScript が必要です。

超基本を、はじめから、巨匠に学ぶ!

・20以上の言語に翻訳され、世界で爆発的に読まれている写真撮影の入門書です。
・必須知識だけを「コンパクト」に学び、50人の巨匠の傑作から応用方法を読み解きます。

知識なしに、写真は撮れます。
少し撮るうちに、技術と理論を知りたくなることがあります。

構図の役割とは! ?
良い作品は何が「良い」のか?
カメラではどんな調整が可能なのか?

詳細に踏み込むことなく、こうした疑問にダイレクトに答えます!

ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、マーティン・パー、森山大道、アンセル・アダムスら、誰もが観たことのある50人の巨匠の傑作から、「5つの基本」を学びます。

1)構図
画像の基礎をなす構図法を知り、創造性を発揮する

2)露出
a) シャッタースピード, b) 絞り, c) ISO感度の「トリオ」を理解する

3)光
さまざまな光-ハードライト、ソフトライト、自然光、人工光など-を理解する

4)レンズ
レンズによる違いを理解する

5)見る
カメラを使うのは、人間

数値計算、難解な図、専門用語はありません。本書で得た知識は、機種を問わず応用できます。

本書は「Read This if You Want to Take Great Photographs」(Laurence King Publishing)刊の日本語訳です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です