焚き火の作法


著者:寒川 一さんです。

道具や準備、焚き火の形など色々とこだわりが面白いですね(*´ω`)

ゆったり眺めていたいものです( *´艸`)

1980円

スライドショーには JavaScript が必要です。

キャンプなどのアウトドアレジャーでの大きな楽しみが、焚き火。でも、火熾しや火力の調節、焚き火での料理、後片づけなど、スマートに・美しく・周りに迷惑をかけず・楽しく焚き火をするのは、意外と難しいものです。本書は、アウトドアライフアドバイザーで30年以上の焚き火経験を持つ達人・寒川一氏が、焚き火の魅力・道具・テクニック・知識・マナー・カルチャーなどの「焚き火の作法」を徹底指南します。作法を学び、仲間と・家族と・恋人と・あるいは自分と向き合って、心に残る焚き火をしましょう。

CHAPTER1 美しい焚き火をしよう
どうせ火を焚くなら、美しく焚こう。燃やされる薪も、空気も、そう望んでいるはずだ。

CHAPTER2 焚き火道具を揃えよう
道具ひとつにも魂は宿る。すべての道具は自分の指先であり体の一部だ。それらが焚き火と自分の間をつないでくれる。

CHAPTER3 火を熾そう
火熾しは燃料、酸素、着火源に加えて、「火を熾す」という人の強い意志が必要だ。意志は目的と願望が支える。さて何のために火を熾そうか。

CHAPTER4 焚き火で調理しよう
火を熾したら、炎を味わう料理をしよう。炎、遠赤外線、煙、熾火……と、焚き火には名調理人が揃っている。

CHAPTER5 焚き続けよう
そろそろ薪も尽きてきた。目の前の小さな焚き火は終わるかもしれないが、世界をめぐる大きな焚き火は燃え続けている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です