グランマ・ゲイトウッドのロングトレイル

著者:ベン・モンゴメリさん、翻訳:浜本 マヤさんです。

女性初のアパラチアン・トレイル(約3500km)を歩ききったのは67歳のおばあちゃん。
毛布一枚にくるまり、1日20㎞を歩き…

彼女の心情や著者のトレイル再訪などが収載されています。

世の中にはたくさん凄い人がいるんですね( ゚Д゚)

2640円

1955年、アメリカの3大ロングトレイルのひとつ、アパラチアン・トレイル(約3500km)を女性としてはじめてスルーハイクしたのは、67歳のおばあちゃんだった。

エマ・ゲイトウッド、67歳、ハイキング経験なし。
DV夫と11人の子供と23人の孫をもつ彼女は、テントも寝袋も持たず、毛布一枚にくるまりながら、トレイルを1日20km歩き続けた。
その姿はやがてニュースになり、行き先々で記者が待ち構えるようになる。
彼らの「なぜ歩くのか?」の質問をはぐらかしていた彼女は、やがてその胸の内を語り始めた。

トレイルでの出会いと別れ。夫のDVに耐え続けた34年間の結婚生活。
モータリゼーションが進むなか環境保護が叫ばれる時代背景。
現代に生きる著者によるトレイル再訪・・・。

場所と時代を行き来しながら語られるエマ・ゲイトウッド一代記。
ロングトレイルをめざす全てのハイカーの憧れであり目標であるエマおばあちゃんの真実がいま、語られる。

■目次
1 しっかり歩け
2 おうちに帰りな、おばあちゃん
3 シャクナゲとガラガラヘビ
4 野犬
5 どうやってここに入り込んだ?
6 私たちの喧嘩
7 女放浪者(レディー・トランプ)
8 注目
9 働きづめの人生
10 嵐
11 シェルター
12 必ず歩き通す
13 破壊
14 多くのことを経て
15 レインボー湖への帰還
16 たった一人で
17 これまでにないほど完璧な孤独
18 再び
19 パイオニア・ウーマン
20 道を拓く
21 記念碑
エピローグ

■著者について
ベン・モンゴメリ
アメリカ・オクラホマ州生まれ。アーカンソー工科大学卒。
2010年、新聞記者時代には地元紙の報道でピューリッツァー賞ファイナリスト。
フロリダ州で最も古い改革派の学校での虐待に関する「For YourOwnGood」というシリーズでダート賞とケーシーメダルを受賞。
綿密な取材に基づいた人物評伝の著作が多い。

■訳者について
浜本マヤ(はまもと・まや)
東京生まれ。元英語教師。
幼少の頃より近所の山を歩くのが好きだったことが高じて、ハイキング好きに。
2018年にはアメリカのジョン・ミューア・トレイルをスルーハイク。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です