ヤマケイ文庫 ヒマラヤの高峰 8000メートル峰14座 初登頂の記録

著者:深田 久弥さんです。

ヒマラヤの研究家でもあったんですね( ゚Д゚)

初登頂の歴史というのは困難の歴史でもあり、またそれがロマンを感じさせるものともなり…

ワクワクする題材ですね(*´ω`)

1210円

スライドショーには JavaScript が必要です。

深田久弥の、ヒマラヤの山々に対する熱い思いが込められた不朽の名著!

『日本百名山』の著者として知られる深田久弥さんは、ヒマラヤの研究家でもあった。

1958年にはジュガール・ヒマラヤに赴き、現地ルポを雑誌に連載。
翌59年からは「ヒマラヤの高峰」と題した連載を以後10年間、120回にわたって『岳人』に掲載している。
そのかたわらで書き下ろしたのが『ヒマラヤ登攀史』 (1957年、岩波新書) 。 その後、1967年に改稿されて『ヒマラヤ登攀史第二版』が出版され、
没後、1973年には白水社から『ヒマラヤの高峰』が刊行された。

ヤマケイ文庫版では朝日新聞社刊『深田久弥 山の文庫2 ヒマラヤの高峰』を底本としながら、
『深田久弥 山の文学全集』 (1974年朝日新聞社刊)の原稿を確認しつつ、写真と地図を刷新して
ヒマラヤ8000m峰14座の初登頂の歴史を紹介する。

1950~70年代にかけての、ヒマラヤ初登頂時代の人と山とのかかわりを
克明に調べて記した深田久弥の遺作が、没後50年目によみがえる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です